2014.12.19

12月20日SIA講座公開一覧:23日英文原書読解小氷河期
10時-中級英語読解講座: 中南米(Caribbean)の国々
12時-ニュース分析: 原油安為替不安、米キューバ関係
13時-Senegal & Youssou Ndour, Senegalese singer
2013年音楽界のノーベル賞ことポーラー音楽賞
15時- Rich's 時事英語討論:Sony and North Korea (Part 2)
17時-SIA土曜塾:米キューバ関係、原油安の衝撃と2015年

年末年初SIAベトナム現地調査:調査依頼要望追加受付中
12月14日号SIA-原油安ショック発展途上資源国通貨不安問題
***年末年始集中講座、2015年生徒受付中****


SIAの佐々木です。今年もお世話になりました。御礼とSIAの語学教育、世界情報ネットワークの紹介を兼ねて次の授業を公開します。

12月20,27日SIA週間世界情報分析、国際フォーラム、時事英語討論、土曜塾、及び20日The English Speaking World23日英語原書読解講座(原書タイトルThe little Ice Age)を参加費各2千円で公開します。参加ご希望の方は連絡下さい。
SIA講演企画20日15時名古屋国際センターで名古屋イングリッシュフォーラムの「衛星からの海洋観測」は参加費5百円です。

20日正規講座公開一覧(公開参加費:2千円:要予約)
10時-中級英語読解講座: 中南米(Caribbean)の国々
12時-ニュース分析: 原油安為替不安、米キューバ関係
13時-第912回SIA国際フォーラム(英語講演) Mr. Seydina
セネガルの伝統文化と音楽: 世界の注目するYoussou Ndour
2013年音楽界のノーベル賞、ポーラー音楽賞受賞者
15時- Rich's 時事英語討論:Sony and North Korea (Part 2)

17時-SIA土曜塾:米キューバ関係、原油安の衝撃と2015年
講師: 佐々木 賢治 SIA代表
講師略歴 東洋水産、米国ジョンソン&ジョンソン、日興證券国際金融部、佐藤食品役員を経て1994年SIA創業、愛知工業大学客員教授
名古屋大学理学部数学科卒、シカゴ大学MBA

12月20日15-17時 名古屋国際センター5階第三会議室
名古屋イングリッシュフォーラム(英語講演質疑)参加費5百円
Measuring the Oceans from Space:衛星からの海洋観測
講師名大学大学院生 海洋学専門家 Eligio氏 モザンビーク出身
モザンビークの紹介と世界特に日本近海、及びアフリカ東岸の海洋について一般の方に解りやすく英語で解説
参加費は500円。名古屋イングリッシュフォーラムの要請を受けSIAが講演企画しました。


23日13時-上級英語原書読解:The Little Ice Age: How Climate made history 1300-1850 著者Brian Fagan

新年度海外業務相談受付中、佐々木インターナショナルアカデミーは新年度受講生、冬休中の英語集中講座生募集中


原油安を受け、資源国の通貨暴落が発生しています。以下、12月15日にご案内し、前半を17日に公開送付しましたアベノミックス、円安を分析したSIA評論12月14日号の後半一般公開送付しますので発展途上資源国の通貨安の分析に利用下さい。

尚、20日午後5時-SIA土曜塾:「米キューバ関係、原油安の衝撃と2015年」を急遽公開で開催しますので是非参加下さい。

141214-SIA評論:百年前と百年後:第十三回:雑感、明日を見据えて 後半-原油安ショック発展途上資源国通貨不安問題参考-電子メール配信者致しましたがブログには掲載していません。



********************
国際ビジネス、翻訳、通訳、語学教育のご相談は
国際業務のコンビニ、プロフェッショナルハウス
SIA:佐々木インターナショナルアカデミーへ!
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23-6
第二千福ビル2階
052-566-5526, Tel & Fax 052-566-5528
siabest@sun-inet.or.jp ブログ http://sia-nagoya.com/
http://www.sasaki-international-academy.com/
★ 語学教育、翻訳・通訳、国際ビジネスはSIA
********************



2014.12.17

141215-SIA評論:衆議院選挙分析
*******************
師走選挙は一般的に投票率が低い。投票率が低いと有利な政党は支持者が何があっても投票に出掛ける傾向の強い宗教、イデオロギーをバックボーンとする政党である。このため、今回の公明党、共産党の躍進は予想通りの結果である。


前回の選挙で勝ちすぎた党が議席を減らし、負けすぎた党が議席を増加させるのも一般的である事を考えると、公示前議席数291を維持した自民党は大勝利、公示前議席数62から73議席に11議席しか増やせなかった民主党は敗北。

公示前42の議席をほぼ維持し41議席獲得した維新は、投票率の低さ、前回のブーム、他の新党の大敗も考慮すると勝利と言える。

マスメディアの報道を日頃目にし、その記事が国民の意志、意識を正しく反映し、伝えていると考えていた人々は、今回の結果は信じ難いものであろう。この辺を、メディア関係者どう考えているのか日頃の執筆者、発言者に聞いてみたいものである。投票行動を通じた国民の意思表示を彼らはどう伝えるのか?マンネリ化した「政治不信」といった説明だけでは、日頃の言説が一層空虚に響くだけである。


投票日を直近に控えた選挙予測は恣意的解釈では直ぐにぼろが出るので世論調査にひた走るのがマスメディアである。日頃の報道と世論調査結果は矛盾しても、今回の世論調査予測と選挙結果はほぼ一致している。

締めくくりの文章を一言繰り返すと、自民党への国民の支持は堅く自民党の勝利、特に今回の低投票率を考慮するとマスコミの敵役を演じている橋下氏の維新の健闘は注目に値する。朝日や東京中日新聞で批判される事の多かった二人、安倍氏や橋下氏が大衆の目線で見た時、これだけの支持を得ている事は、ある意味でメディア不信(不振)の裏返しと言えるかも知れない。かって社会の木鐸とマスコミ人が自負した昔とは違い、現在の大衆はマスコミ人よりも生活感覚、実務経験があり世の中の出来事を良く知っているのかも知れない。
*******************

アベノミックス、円安を分析したSIA評論2014年12月14日号141214-SIA評論:百年前と百年後:第十三回:雑感、明日を見据えて講読ご希望の方は連絡下さい。


********************
国際ビジネス、翻訳、通訳、語学教育のご相談は
国際業務のコンビニ、プロフェッショナルハウス
SIA:佐々木インターナショナルアカデミーへ!
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23-6
第二千福ビル2階
052-566-5526, Tel & Fax 052-566-5528
siabest@sun-inet.or.jp ブログ http://sia-nagoya.com/
http://www.sasaki-international-academy.com/
★ 語学教育、翻訳・通訳、国際ビジネスはSIA
********************



2014.12.04

公開SIA土用塾:SIA経済フォーラム 12月6日17時半開演
講師 水谷研治氏 新年景気見通し:アベノミックスへの期待と限界
12月13日18時-講師 塚本三郎氏 師走選挙と今後の見通し

12月26日医療問題の裏側を考える:薬物乱用頭痛の実態
19時開演 場所 東京学士会館


SIA土曜塾のご案内。今回は公開としますので参加ご希望の方は連絡下さい。講演後講師を囲む懇親会(参加費3千円)への参加も可能です。

SIAでは皆様の要望に応え企業、団体、教育機関対象の講演、教育企画もしています。


SIA土用塾年末恒例経済予測 12月6日午後6時−7時半 
新年景気見通し:アベノミックスへの期待と限界
名古屋大学 客員教授 経済学博士 水谷 研治氏
元東海銀行専務、東海総研社長
一般参加費3千円 要予約 定員10名

SIA土用塾:経済フォーラム 2014.12.6土18-19.30


新年の景気見通し
―――アベノミックスへの期待と限界―――

名古屋大学 客員教授

経済学博士 水 谷 研 治

1 安倍政権が力を入れてきた政策
(1) 女性の重用 (2) 北朝鮮対応
(3) 地方創生 (4) 景気の振興

2 アベノミックスの評価
(1) 金融政策は無力 (2) 効果を発揮した財政政策
(3) 長期的な発展対策 (4)予想通りの効果

3 消費税引き上げの先送り
(1) 激変に対応する変更条件 (2) 予想と現実の差
(3) 消費税引き上げの目的 (4) 国家財政に対する認識

4 財政政策の力と問題
(1) 財政による強力な景気押し上げ (2) 供給余力がある限り
(3) 国債発行の限界 (4)借金の限界

5 日本経済の現状に対する評価
(1) 期待する成長率 (2) 需要の拡大に有効な財政政策
(3) 異常に高い経済水準 (4) 供給力の天井

6 悪化する国際収支
(1) 重要な国際収支 (2) 為替相場の下落と物価の上昇
(3) 供給力の復活・拡大が必要 (4) 長期的な経済対策

7 日本経済の将来
(1) 必要な自立・自衛---頼りにならない政府 (2) 高齢化の準備
(3) 社会資本の再整備と充実 (4) 投資意欲の支援
++++++++++++++++++++++++

公開SIA土曜塾:12月13日18時-
講師 塚本三郎氏 師走選挙と今後の見通し
一般参加費3千円 要予約 定員10名
(年会員参加費 千円)

12月26日午後7時-会場 東京学士会館
医療問題の裏側を考える:薬物乱用頭痛の実態
講師 寺本 純医師
近著 「頭痛薬が効かない頭痛になったとき読む本:あなたの頭痛は薬物乱用頭痛か?」(講談社2014年11月5日出版)


********************
国際ビジネス、翻訳、通訳、語学教育のご相談は
国際業務のコンビニ、プロフェッショナルハウス
SIA:佐々木インターナショナルアカデミーへ!
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23-6
第二千福ビル2階
052-566-5526, Tel & Fax 052-566-5528
siabest@sun-inet.or.jp ブログ http://sia-nagoya.com/
http://www.sasaki-international-academy.com/
★ 語学教育、翻訳・通訳、国際ビジネスはSIA
********************



2014.11.27

公開SIA土曜塾
11月29日 孔子思想と問題解決 講師 史文珍氏
SIA新年経済予測 12月6日
「新年の景気見通し」  水谷研治氏
日程詳細は以下記載:講演要旨:添付書類参照


久し振りにSIA土曜塾を公開開催致します。参加ご希望の方は連絡下さい。尚、講演後講師を囲む懇親会(参加費3千円)への参加も可能です。


公開SIA土用塾 11月29日午後6時−7時半
SIA土用塾企画 日中問題を考えるヒント
孔子思想と問題解決
講師 史文珍氏 愛知工業大学経営情報科学博士
一般参加費 2千円 要予約

SIA土用塾年末恒例経済予測 12月6日午後6時−7時半 
新年の景気見通し:アベノミックスへの期待と限界
名古屋大学 客員教授 経済学博士 水谷 研治氏
一般参加費3千円 要予約 定員10名


********************
国際ビジネス、翻訳、通訳、語学教育のご相談は
国際業務のコンビニ、プロフェッショナルハウス
SIA:佐々木インターナショナルアカデミーへ!
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23-6
第二千福ビル2階
052-566-5526, Tel & Fax 052-566-5528
siabest@sun-inet.or.jp ブログ http://sia-nagoya.com/
http://www.sasaki-international-academy.com/
★ 語学教育、翻訳・通訳、国際ビジネスはSIA
********************



2014.11.07

141107−SIA評論公開版:学ぶ者
SIA's English Forum中級 R Porter's 英語討論
11月9日13時- Remembrance Day 英霊記念日
人生いろいろ【七分三分が人生の妙】塚本三郎氏
関連情報 台風19号進路:気象庁台風予測モデル


SIAの佐々木です。今年も実質7週間。年内の翻訳、通訳、印刷関係のご相談は早めに連絡下さい。12月の翻訳案件受付中です。

特に各種印刷物や通訳は早めに連絡戴くと選択肢も多く割安な価格提供が可能です。相談、見積以来だけでも早めに連絡下さい。各業務共に緊急時の特急対応も可能ですが追加費用が発生します。

141107−SIA評論公開版:学ぶ者 2014年11月7日
本日11月7日に手にした月刊誌で、俵孝太郎氏の「自家撞着にハマル被爆地・広島の悲劇」を目にした。その一文は「反原爆というと広島に集る“市民”が、今回の被災地に結集したとは聞かない。宮城県の石巻からボランティアが駆けつける姿はテレビで見たが、福島はどうしたのか、寡聞にして知らない。おかしな話である。」と結ばれていた。

私は小学2年二学期から6年生一学期まで広島原爆の影が木造校舎に残っていた皆実小学校で過ごしただけに実感である。福島についても風評被害対策としてSIAでも微力ながら二十数キロの乾燥椎茸を購入販売し、又当方の関係者や周りの人々も現地に出かけ協力した人々がいるので、残念ながら実感している。

昨日送信した、塚本三郎氏の【我は海の子自然の子】でも本日目にした俵氏の「俵孝太郎が"今"を読む」の記事と相通ずる内容で驚き感心した。

世の中に学者と称し高説(口舌)を述べる人は実に多い。しかし私の知る「学者」の本来の語源、意味は「学ぶ者」である。 いつしか、本末転倒な議論をし正義を自称する人々が”学者”と称し、称される様になったのであれば、智の退廃である。自らその被害者となり、悪弊に染まらないためにも一兵卒として”学ぶ者”であり続けたいと思う。 (141107-SIA評論佐々木賢治)
****************


TOEFL対策、英語エッセイ、上級読解・翻訳講座生募集中
11月8日13-14時半 英語討論:英霊記念日(受講生募集中)
Rich Porter's English Discussion:Remembrance Day


百年前1914年7月28日に勃発した第一次世界大戦。1918年11月11日に終戦。来週火曜日11月11日は96年目の終戦記念日。この議題を11月8日取上げます。受講ご希望の方は連絡下さい。以下課題です。(佐々木インターナショナルアカデミー英語講座)

Comparing Remembrance Day and Similar Ceremonies
In Britain, this November 11 is Remembrance Day – and similarly in other countries. This date represents the day World War 1 ended and a time to commemorate those who were casualties then. The upcoming commemoration is extra special since that war began 100 hundred years ago. Attendees will consider brief introductory information of the extraordinary British effort and then compare it to Japan's, especially if her losses were comparable (Japan lost 300 ~ 4700 soldiers in that war). This event will occur at 1:00 PM this Saturday.


**********
人生いろいろ 塚本三郎氏筆 平成二十六年十一月 
【我は海の子自然の子】(省略)

【七分三分が人生の妙】
人間の一生は良いことばかりではない。それとは逆に、悪いことばかりでもない。良いことが連続する恵まれた人でも、一生涯には三分の悪いことがついて回る。それに気付かないのが幸福人の普通の姿である。

なぜ、三分の悪がついて回るのか? 良いことが長く続けば、自惚れ、油断、贅沢等が増大し、やがてその地位や財産を危うくする。人間社会では、各般に亘って、努力と反省が不可欠である。

我々は一人では生きてゆけない。社会、国家の集団には、指導力、使命感、地位、信用力等々、それぞれに相応しい人徳が必要である。幸運な人には、その七分の良いことが備わっているが、三分の不運、つまり悪を内包していると言ったのは、悪条件と評すべきか。

それは、七分の善を永続せしめ、さらに成長させるための「警報装置」とみるべきではないか。善人にも備わった欠点(悪評)こそ、反省の備えであろう。万一、自分にその悪を持ち合わせていなければ、周囲に仇となる反対者が取り囲んでいるであろう。その状況こそ、神仏の配在と受け止めたい。

人生の出発からして、七分の善(幸運)を抱いて、出世街道をまっしぐらに突き進む幸運児がいるかと思えば、逆に貧窮の家庭、粗野な環境ゆえ、困苦の青少年時代を過ごす若者の出生も、現代社会では少なくない。否、むしろ絶対多数であろう。

七分の悪と呼ぶ不運にも、三分の善を具有する。七分の悪(不運の出生)の若人は、粗野にして貧窮の中で育つ人ではあるが、それが発憤すれば、威大な善への道を拓く。持てる不運こそ、努力次第で知名人となる。

例えば、スポーツ界における覇者の大部分はそれだ。恵まれた子供よりも、貧しさゆえの発憤と勇気こそ、「少年よ大志を抱け」だ。我々は、「貧乏人の子沢山」で出生した。日本人には、その貧しい環境ゆえに発憤し、必死の努力をする為の立派な土俵も備わっている。

七十数年以前の日本は、国家、それ自体が見事な手本であった。「欲しがりません、勝つまでは」で、衣食住について、一億国民は窮地の中を一丸となって凌いだ。しかし、敗れた。敗戦後の日本人の生き様もまた、悪を背負った国民の雄々しい姿を顕現した。戦後の半世紀は、敵国を商売のお得意様として臆することなく争い、働いて、勝者と肩を並べて、経済大国と評されるに至った。

それが日本人だと自負する。人間の魂、心掛けが、社会、国家、世界をも変化せしめる。悪と呼ぶ多大の苦境こそ、人間のみが抱いている秘宝かもしれない。

人生の出発には、七分の幸と三分の不幸、逆に七分の不幸と三分の幸など、色々な星を背負っている。だが、中途でその運が逆転するかもしれない。それが為に、順、逆双方の運命を具有せしめたのは、「神仏の悪戯」か。否、神仏の言い知れぬ大慈悲の温かさなのか。

人間のみが抱く、魂の発展成長の舞台を造った神仏に感謝するとともに、皮肉の技を聞きたい。
**********


「関連情報 台風19号進路:気象庁台風予測モデル 」
昨日の「人生いろいろ 平成二十六年十一月 塚本三郎氏筆 :我は海の子自然の子】」の記事を見たSIA関係専門家情報です。

台風19号の進路(ご参考):500hPa(地上気圧のおよそ2分の1)高度面に沿った風に流される傾向にあります。このときの500hPaの高度は、北緯30度東経125度で約5,760mだったと記憶しています。

10月中旬にもなりますと、偏西風が北緯30度付近まで南下してくることが多くちょうどこの気流に乗ったため、進路を東に変えました。気象庁は、スーパーコンピュータによりビッグデータを活用する台風モデルにより進路予測をしています。
********************


国際ビジネス、翻訳、通訳、語学教育のご相談は
国際業務のコンビニ、プロフェッショナルハウス
SIA:佐々木インターナショナルアカデミーへ!
〒450-0002
名古屋市中村区名駅3丁目23-6
第二千福ビル2階
052-566-5526, Tel & Fax 052-566-5528
siabest@sun-inet.or.jp ブログ http://sia-nagoya.com/
http://www.sasaki-international-academy.com/
★ 語学教育、翻訳・通訳、国際ビジネスはSIA




PHOTO

RSS2.0

login

a-blog cms